キャリアパス

実力に合わせたキャリアパス制度

インフィニット・フィールドでは、社員の方向性・志向性・特性にあわせて大きく成長できるキャリアパスをご用意しています。
社員が、能力・成果に対し、正当な評価を受け、格付けの階段をステップアップできるような環境を提供し、勤続年数に関わらず、能力が高く、高い成果を残した社員には、それに応じたキャリアパスをご用意しています。

共通キャリアパス

選択キャリアパス

選抜キャリアパス

初級〜準中級プログラマー
未経験人材が現場で就業するために必要な最低限の技術を身に付けることを目的としたカリキュラムとなっています。
初級プログラマーでは、プログラムがどういうものなのかを理解します。
準中級プログラマーでは、SQLというデータを扱う言語とプログラミング言語を組み合わせた実務に直結する技術を学びます。
中級〜準上級プログラマー
技術者がチームでシステムを開発するにあたって必要となる構造化プログラミング、可読性の高いコード記述、可読性の高いコメント記述、無駄のないコード記述の方法を学び、身に付けます。
上級プログラマー、初級SE
プログラマーとしての能力を完成させるため、昇進試験として運用しているプログラミング実技試験問題の作成や、技術研修講師としての経験を積みます。
また、システムエンジニアとしてステップアップしていけるよう、JBM(ジュニアボードミーティング)と呼ばれる経営課題解決を推進する会議体への有志参加を行い、実際の問題解決を通して設計技術、セルフマネージメント、見積もり技術、企画・分析ノウハウなどを身に付けて行きます。
準中級~中級中堅職
選択キャリアパスを見据え、小規模チームのマネージメントを学びます。
例えば、自社の管理部門が行っているさまざまな業務のアシスタント経験を通して、組織全体を見渡すことができる広い視点と広い視野を身に付けます。
また、JBM(ジュニアボードミーティング)で立ち上がっているプロジェクトのリーダーを務めたり、後輩のスキルアップやキャリアアップをサポートする担当上長を務めたりすることにより、実際のマネージメント経験を積んでいきます。
技術系スペシャリスト
ITコンサルタント、技術研究開発者を目指すキャリアパスです。
新しい技術についての情報収集や応用研究を行い、例えば自社の技術力をアピールするためのアプリケーションを制作して公開したり、実務に直結しそうな技術についての研修カリキュラムを企画・制作し、全社展開を行うための研修を実施します。
また、現場で使える技術の提案、研究を行う必要性から、受託開発(社内に持ち帰って行うシステム開発)がある場合は、プロジェクトにも参画します。
技術系ゼネラリスト
プロジェクトマネージャーを目指すキャリアパスです。
お客さまのビジネスの躍進に貢献し、自社メンバーのスキルアップ、キャリアアップを実現し、自社に利益をもたらす要となる存在です。
想定されるリスクを洗い出し、対策を立て、綿密な計画を行い、スムーズなコミュニケーションをとり、適切な判断を行い、無理なく、ムダなく、プロジェクトを成功裏に導くことが求められます。
管理系スペシャリスト
経営企画、事業運営など、全社視点でのマネージメントを専門に行う経営戦略のエキスパートを目指すキャリアパスです。
直接の売上には結び付かない管理業務にかかる時間とコストを削減し、既存ビジネスの業務プロセスを改善することで、仕事効率と利益効率を向上させます。
また、技術系スペシャリストが企画・制作・展開した研修カリキュラムをスキルアップ研修として再構築、継続展開し、管理系ゼネラリストが立ち上げた新規事業の標準化を推進します。
加えて、広報活動を行うことにより、ビジネススピードを加速させます。
管理系ゼネラリスト
新規事業立ち上げのエキスパートを目指すキャリアパスです。
ビジネスアイデアを生み出すための情報収集、マーケット調査、企画・立ち上げに必要な許認可申請・届け出、サイトの設計・開発、マーケティング戦略の立案と施策の実行、新規開拓営業など、新規事業の立ち上げに関わる業務は、社内外の協力を仰ぎつつ、全て自分たちで行います。
事業統括系幹部職
既存ビジネスモデルの拡張および既存ビジネスの拡大を第一の目的として、技術系スペシャリスト分野、技術系ゼネラリスト分野、管理系ゼネラリスト分野の3つを統括します。
管理統括系幹部職
既存ビジネスモデルのイノベーションおよび未開拓分野における新規事業開発を第一の目的として、技術系スペシャリスト分野、管理系スペシャリスト分野、管理系ゼネラリスト分野の3つを統括します。

ページトップへ戻る